本文へスキップ

歯磨き粉に関する雑学を紹介します

歯磨き粉ランキング

歯磨き粉の雑学general knowledge

ホーム歯磨き粉のお話 > 歯磨き粉の雑学
2019年1月12日掲載 / 2019年10月5日更新

歯磨き粉の雑学を学びましょう

歯磨き粉の雑学
歯磨き粉の名前の由来を知っていますか?
 「なぜ粉状でないのに名前に”粉”がつくのか」や「歯磨き粉に記載されている医薬部外品の意味」などの歯磨き粉の雑学を紹介します。


目次
  なぜ粉状でないのに"粉"がつくのか
  歯磨き粉にある医薬部外品の意味


なぜ粉状でないのに”粉”がつくのか!?


 みなさんご存じのように歯磨き粉は「ペースト状」です。決して「粉状」ではありません。

 では、どうして歯磨き”粉”などと「粉」という文字がその名前の中にに入っているのでしょうか?

 日本で初めて歯磨き剤が商品化されたのは、1643年の江戸時代初期です。
 江戸時代に生きた人は歯磨き粉を使って歯を磨いていました。ちなみに、歯磨き粉がなかった時代は、塩を使って指で直接 歯を磨いていたそうです。

 そして、当時の歯磨き剤は貝殻の粉末や塩などを混ぜ合わせたものでした。つまり、まさに
「粉状」の歯磨き剤だったわけです。
 江戸時代の若い男性の間でモテるために歯を白くすることが流行していたそうです。

 その後、明治時代になってペースト状の歯磨き剤が初めて商品化されましたが、すでに歯磨き粉という呼び名が定着しており、それが今日まで続いているのです。

 ペースト状なのに歯磨き‘‘‘粉‘‘という不思議な名前になったのは、
粉状だった江戸時代の歯磨き粉の名称をいまだに使い続けていることが原因だったのです。

歯磨き粉
江戸時代から続く歯磨き粉の歴史

・江戸の歯磨き粉は粉状だった!



歯磨き粉に記載されている医薬部外品の意味


医薬部外品
医薬部外品ってどんな意味?

 お店で売っている歯磨き粉の中には、「医薬部外品」という言葉が記載されたものをよく目にします。
 しかし、それは一体どういう意味を持っているのでしょうか?

 人の体に使用される製品については
「薬事法」という法律によって、
その成分、用法、用量、効果、安全性など厳しく規制されています。

 その薬事法の中で「医薬部外品」は、
医薬品よりも作用は小さいが人の体に何らかの効果をもたらすものとされています。

 つまり、医薬部外品と書いてある歯磨き粉は、
虫歯や歯周病などの予防のための薬用成分が含まれていることを意味しているのです。


・医薬部外品には薬用成分が含まれてる!



この記事のまとめ
ペースト状なのに歯磨き"粉"という不思議な名前になったのは、粉状だった江戸時代の名称をいまだに使い続けていることが原因だった。



スポンサーリンク



歯磨き粉の歴史について

歯磨き粉の歴史

 歯磨き粉の歴史

 世界最初の歯磨き粉については、紀元前1550年頃の古代エジプトにあったパピルスに記載されています。
 そして、4世紀頃になると粉末状の歯磨き粉(香料、植物を混ぜ合わせたもの)が使用され始めました。
 つまり、
古代エジプト人の歯の健康に対する意識は現代人と一緒でとても高かったといえます。
 
続きはこちらから。


皆様へ伝えたいこと歯磨き

現在、様々な効果・効能を持った歯磨き粉が手に入る時代になりました。
だからこそ、
目的に合ったより良い歯磨き粉を見つけて使用するべきです。
あなたにとっての理想的な歯磨き粉を見つけて、毎日のベストなオーラルケアを目指しましょう!


歯科医師
アキラ

歯科医療を愛しています。大学歯学部で歯科を学ぶ中で、歯の大切さに気づきました。普段は歯科医師として日々忙しく働いています。

Twitter










広告