本文へスキップ

歯と口の健康に関する注目記事

歯磨き粉ランキング

歯の記事tooth article

ホーム > 歯の記事
2019年1月15日掲載 / 2019年10月8日更新

歯に関する様々な知識を増やしましょう!!

 歯は日常生活の中で(特に食事や会話)絶対必要なものであり、生きるために欠かすことができない重要な存在です。
 そんな大切な歯に関する様々な記事を紹介します。





口腔乾燥症(ドライマウス)

口腔乾燥症
 唾液分泌量の低下によって様々な症状が出ます
 口腔乾燥症の最大の特徴は
唾液分泌量の低下です。
 唾液には自浄作用、湿潤作用、消化作用、抗菌作用など様々な働きがあり、唾液の分泌量が低下するとこれらの働きが阻害されて、その結果として口腔粘膜の変化や痛みなどの症状が出ます。
 
続きはこちらから。





インプラント手術のトラブル・合併症

インプラント手術
インプラント体埋入時に生じる合併症について
インプラント手術中に急性発作または全身状態悪化を生じる可能性がある疾患には、高血圧症虚血性心疾患(手術時に良好にコントロールされている場合でも、発作時の対応について十分に準備しておく)、糖尿病(糖尿病のコントロールとしては、HbA1c : 6.9 %以下、空腹時血糖値140 ml/dl以下、ケトン体 (-)程度であれば手術可能となる)、脳血管障害甲状腺機能亢進症などがあります。
そのため、患者の全身状態はかかりつけ医との対診などによって正確に把握する必要があります。
続きはこちらから。





歯科衛生士のお仕事

歯科衛生士
 歯科衛生士の役割はとても重要!!
 歯・口腔の健康は、健康でより良い生活を送るために重大な役割を担っています。
 また、近年では、さまざまな調査研究から「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」が明らかになり、歯科衛生士の役割に関心が高まっています。
 歯科衛生士は、
歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る(歯科衛生士法第1条)ことを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。
 
続きはこちらから。





歯科金属アレルギー

歯科金属アレルギー
 歯科金属アレルギーとは
 歯科金属を原因とするアレルギー症状は、口腔内だけでなく手のひらや足の裏などの離れた部位のかゆみや全身の発疹などとしても現れます。
 そのため
アレルギー症状だけから口腔内の金属がアレルギーの原因となっているかどうかを診断することは難しいのです。
 口腔内に金属が入っている人の中で、指輪、ネックレス、ピアス、時計などの金属にかぶれやすく内服薬や外用薬によっても治癒しない再発性のアレルギー症状のある方は歯科金属アレルギーを疑ってみる必要があるでしょう。
 
続きはこちらから。





喫煙者は歯を失いやすい!?

喫煙

 喫煙の歯に対する影響は大きいです

 平成16年度に行われた国民健康・栄養調査の中で、喫煙と歯の健康の関連性を調べる全国調査が実施されました。
 結果としては、
喫煙者は非喫煙者と比べて『歯を失いやすい』、『かむ機能が低下する』というデータが出ました。
 さらに、
『禁煙すると歯を失うリスクが低下する』というデータも示されました。
 
続きはこちらから。喫煙者の方は是非一度読んで下さい。





フッ化物洗口で虫歯予防を目指す!

フッ化物洗口

 フッ化物洗口の効果

 フッ化物洗口は歯の表面にフッ素を作用させることで、虫歯を予防することを目的としています。
 液体を口の中に含んでうがいをするという簡単な方法で、値段も高くなく、いつでもどこでも自由に行えるので、虫歯予防対策としてはとても優れています。
 
続きはこちらから。





入れ歯(義歯)を快適に使用するための管理方法

義歯(入れ歯)

 入れ歯の正しい管理方法について

 生活の中で歯だけでなく入れ歯にも汚れ(プラーク)が付きます。これが溜まっていくと、そこに細菌が繁殖して口腔内で悪さをします。
 そのため、毎食後に専用ブラシ(義歯ブラシ)を使ってしっかり汚れを取ることが非常に大切です。
 
続きはこちらから。





子供の歯を虫歯から守る方法

子供虫歯

 子供の歯を虫歯から守りましょう!

 子供の中には虫歯が出来る子とほとんどできない子がいます。そして、虫歯が多い子供のほとんどが「甘いジュース類を飲む習慣」があります。
 一日に何度も飲み食いしたり間食が多かったりすると虫歯に非常になりやすくなってしまいます。では、虫歯になりにくくするにはどうすれば良いのでしょうか。
 
続きはこちらから。





外傷で歯が抜けてしまった時の正しい対応

外傷

 健康な歯が抜けた時の対応

 外傷によって歯が抜けてしまった場合は、歯科医院に行くまでにどのように歯を保存できるかが大切です。
 つまり、
抜けた歯の汚れによる感染や組織へのダメージを出来るだけ抑えなければならないのです。
 
続きはこちらから。





妊娠期のお母さんの歯科治療

妊娠

 妊娠中の歯科治療時の注意点!!

 妊娠期では女性ホルモンの分泌がいつもよりも増加するので、それによって歯茎や歯肉などの口腔組織が腫れやすくなります。
 また、唾液の量も減少しますので口腔内の自浄作用が下がります
 さらに、つわりによる食生活の変化や偏食、嘔吐などによって口腔環境は悪化しやすくなります。
 
続きはこちらから。





歯石の特徴と構成成分

歯石除去

 歯石の構成成分とは

 歯石は歯垢が石灰化したものでリン酸カルシウムが主体です。
歯垢から歯石になるまでの期間は約2日間で、歯石になってしまうと歯磨きでは取り除くことは困難です。そのため、歯石を除去するには歯科医院にある専用器具(スケーラーなど)を使用します。
 
続きはこちらから。





赤ちゃんの離乳食指導

離乳食指導

 正しい離乳食指導について

 乳幼児期に正しい食べ方を身に付けることは、生涯にわたって健康な生活を送るためにとても重要です。
 栄養摂取に注意することも大切ですが、食べる方法についてもしっかり理解しましょう。
 
続きはこちらから。



スポンサーリンク


サイト内検索

皆様へ伝えたいこと歯磨き

現在、様々な効果・効能を持った歯磨き粉が手に入る時代になりました。
だからこそ、
目的に合ったより良い歯磨き粉を見つけて使用するべきです。
あなたにとっての理想的な歯磨き粉を見つけて、毎日のベストなオーラルケアを目指しましょう!


歯科医師
アキラ

歯科医療を愛しています。大学歯学部で歯科を学ぶ中で、歯の大切さに気づきました。普段は歯科医師として日々忙しく働いています。

Twitter